タロウ ホリウチ 2017年春夏コレクション – ピカソの芸術を支えたジャクリーヌの愛 | ファッションプレス

グランドセイコー コピー
タロウ ホリウチ 2017年春夏コレクション – ピカソの芸術を支えたジャクリーヌの愛

28
198

タロウ ホリウチ(TARO HORIUCHI)の2017年春夏コレクションが発表された。ピカソが80歳で結婚した妻、ジャクリーヌピカソが今シーズンのインスピレーション源。彼女をモチーフとした作品の数は400にも及ぶと言われており、常にピカソの芸術を支える存在であった。

リネンやマルチストライプ、チェック柄は彼女のエフォートレスなワードローブを想わせるものだ。当時を反映するようなクラシカルなペイズリー柄も然り。それらをタロウ ホリウチ風に再解釈することで、未来的なものへと変えた。ポリエステルから成るリネンに似せた素材は、柔らかな自然の風合いだけでなく本物にはない自然な落ち感が生まれている。そして、マルチストライプはハリのある生地で表現し、素朴でありながらも生命力を漲らせる。チェック柄はオーガンザで表すことで透明感と女性らしさを引き出した。

エキセントリックなスカートは特殊なアルミ蒸着のシワ加工が施された。彼女の作業着のナチュラルかつリラックスな雰囲気をかもし出すために、トップスには白いシャツとアクセントにナチュラルベージュのリネンベルトをスタイリング。また、軽快な装いはパンチングを施したトップスやスカートからも読み取れる。“田舎っぽい”ストライプと変則的なディテールが溶け合い、まるでピカソの絵画のような多彩な表情を作りだしている。

ワードローブには遊び心が耐えず、マニッシュなセットアップには女性らしさがきちんと伝わるようにパンツのスリットの先にビジューが置かれている。また、アクセサリーに選んだデザインは2017年リゾートコレクションでも提案されたツボなどの陶芸品が基。デザイナー堀内太郎とジャクリーヌの遊び心が重なって、今シーズンのワードローブは彩られている。
ガガミラノ スーパーコピー

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *