タグホイヤースーパーコピー モナコ キャリバー11 クロノグラフ 新作腕時計

タグホイヤースーパーコピー「世界初」の角型防水ケースを持つクロノグラフであり、「世界初」の自動巻クロノグラフの1つともいわれるホイヤー モナコ。

左右にわずかに張り出したトノー型とも表現できるスクエアケース、ブルーダイヤルに刻まれた真円を描くセコンドトラックには、レッドポイントのアワーマーカー、そしてその外周にはホリゾンタル・バーインデックスが添えられています。

横に並んだ2つのスクエア型インダイヤル、レッドがあしらわれた時分針とクロノグラフ針、そして9時位置のリューズと6時位置のデイト表示という、ムーブメント由来の変則的なレイアウト。

タグホイヤー コピーこの21世紀の現代においても、全く色あせることなく魅力を放ち続けるオリジナル・モナコのデザインは、1960年代当時のホイヤーが、「世界初」の自動巻クロノグラフにふさわしい、革新的でアバンギャルドな外装を目指して、総力を結集して生み出したものといわれます。

1963年発表のフラッグシップ、カレラとともに芽生え、育んできた、ホイヤー独自のモダンデザインの手法によって、モータースポーツへの情熱を見事に体現した、類いまれなる傑作ということもできるでしょう。

このオリジナルの持っていた特徴を、現代的な感覚でスマートに表現した現行のキャリバー12搭載機が、引き続き市場において高い人気を博しているのも、このオリジナルデザインが優れていたからに他ならないのです。

ヴィンテージ・レーシングカーのコレクターをはじめとする超富裕層を含む、世界中の熱狂的ファンたちの支持によって、オリジナル・モナコはヴィンテージクロノグラフ屈指のコレクターズアイテムとして、大変な希少性を持つに至っていますが、今年のバーゼルワールドに、そのオリジナルデザインをよみがえらせた復刻モデルが再び登場したのです。

前回復刻されたのは2009年、モナコの発表から40周年を祝う限定モデルとして1000本が生産されましたが、これが市場から姿を消すのにもそう長い時間は必要なく、現在ではこの復刻モデルにもプレミア価格がついているといいます。

今回の発表に関しては、特に限定というアナウンスはなく、価格もかなり良心的な設定となっています。

2009年のモデル以上にオリジナルに忠実な発色を持つ青文字板、傷のつきにくいサファイアクリスタル風防、トランスパレントのケースバック、100m防水と現代のウォッチメイキング技術を駆使したニューモデルは、バーゼルを訪れた多くの関係者より、シリーズ最高の仕上がりとの評価を受けているようです。

いずれにせよ、熱心なタグホイヤー時計コピー モナコのコレクターにとってはもちろん、モナコが気になっていたたくさんの時計ファンにとっても、大変に喜ばしいニューモデルということができるでしょう。

タグ・ホイヤー:モナコ キャリバー11 クロノグラフ(TAG Heuer Monaco Calibre 11 Chronograph)仕様

Ref. CAW211P.FC6356

ステンレススチールケース
ケースサイズ:39mm × 39mm
サファイアクリスタル風防
トランスパレント・ケースバック
100m防水
キャリバー11 搭載
28,800振動/時
デュポア・デプラ製クロノグラフモジュール
2015年11月国内発売予定
予価:58万円